ホーム > おいしさの秘密
おいしさのひみつ Secret Taste
極々果 伊予柑ジュース・温州みかんジュース
柑橘王国えひめにて、みかん専門50余年を迎えました。
そのまま剥いて食すと一番美味しいと判断した果実のみを私が判別(目利き)しています。
みかんの原料
松山市近辺、その他中島からも仕入れています。柑橘は、小さいものが味・香り・風味が濃く、完熟みかんはジュースとして搾ると夏の夕日のような鮮やかな紅色の果汁を恵んでくれます。極々果実は、そうしたS玉、2S玉のみかんだけを搾っています。
伊予柑の原料は松山市の平田町・高浜近辺
瀬戸内の海を望む日当たり抜群の山で丹精込めて栽培している農家さんとの繋がりを大事にし、自然にやさしい減農薬栽培にて収穫された完熟伊予柑もやはりM玉・S玉以下の味の濃いものを中心に厳選して仕入れています。
完全手搾り
ジュースを搾る方法も完全手搾りです。手搾りは作業能率が悪くコストもかかります。 しかし、手搾りは本来の果実の味・風味を残す事が出来、機械では出せないやさしい味になるのです。
冷凍にて発送致します。
極々果実ジュースの賞味期間は冷凍保管で三ヶ月。解凍後冷蔵庫で3日間です。
解凍も冷蔵庫で1~2日かけて行ってください。常温で解凍しますと風味・品質に変化が起こりやすくなります。電子レンジは禁物です。解凍後は肉・魚・牛乳を扱っているのと同様に保管してください。果実をそのまま飲んでいるような、自然本来がもつ旨味をやさしい味のまま残すことにこだわったジュースです。
こだわりぬいた極上の一品 Best orange
柑橘王国愛媛
『極々果実』は、ジュースとして加工するしか手段の無いような規格外果実を搾るのではなく、『極々果実』を搾るためだけを目的として仕入、目利きをしています。 同じ愛媛県のみかん農家さんでも山の日当たり、風当たりによって育ち方もまちまちです。創業50余年の実績は農家の方との絆も育んできました。 農家さんのするどい勘と技術、田那部青果の目利きによって完熟時期に収穫、搾汁ができるのです。
洗浄
私が味の自信を持って仕入れた柑橘は、一つ一つ洗浄し、汚れをきれいに洗い流します。
この洗浄段階でこのように機械を使わず、人海戦術を取る理由は幾人の人によって不良果実が混入していないか確認ができるからです。
拭き取り
ジュースに余分な水分はご法度です。
これまた一つ一つ丁寧に水分を拭き取っていきます。
カット
柑橘の大きさにより二等分、四等分・・と搾りやすくするためカットしていきます。この作業により、果実の中までしっかり完熟しているか判断できます。また、カットする事でこの後の搾り作業が適正に行われます。 (どれくらいの力加減で搾ると美味しい果汁が取れるのか研究しました)
ようやく商品作り
機械では絶対に搾りません。全て手搾りです。
今時そんな事してるの? なんておっしゃる方もいらっしゃいますが、ご覧の通り母の愛情たっぷり本格手搾りです。いろいろ試してみましたが、この手搾りに勝るものはありません。
みなさん腱鞘炎休暇を取りながら(!)心一つにして愛情果汁を搾っています。搾った果汁は即、急速冷凍し、お客様からのご注文まで-30℃で静かに時を過ごすので、フレッシュな風味が損なわれません
搾る
お客様からのご注文を頂くと、冷凍庫で静かに時を過ごしてきた『極々果実果汁』を自然解凍させ、商品作りに入ります。
一般的なジュースは、搾ってすぐに殺菌し、ボトル詰めを行ってから売れるまで常温にて保管されていますから、極々果実の製造工程は特殊と言えます。
殺菌温度はひみつですが、味・香り・風味すべてが、果実そのままであることが重要ですので、低温にて殺菌します。

一般のジュースは、果汁に高温殺菌をかけることで常温管理が可能となり、賞味期限も1年くらい長く設定できますが、その代償として果物の風味は一切消えてしまっています。
お届けまで
丁寧に殺菌し、ボトル詰めを行った『極々果実』は再度、急速冷凍庫へ入り、お客様のご自宅へ届くまでの暫しの間眠ります。
果実の風味をそのままお届けするために、常温保管も賞味期限も短く(冷凍保管で3ヶ月、解凍後3日以内)、利便性はありませんが、その代わりにとびっきりの果汁をお届けする事ができるのです。
商品や注文のお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
089-989-8995
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
カレンダー
12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31